ブロードラインを活用して効率的なフィラリア予防!

\90秒で注文完了/ブロードラインの購入はこちら

愛猫のイメージペットの中でも、犬と猫は特に人気が高く、人間との付き合いも長いとされている動物です。

近年では、猫の人気が一段と高まりを見せているようです。

最近になって実際に猫を飼い始めたという人も、少なくないのではないでしょうか?

ペットを飼うなら、食事やトイレなどの日常的な世話はもちろんのこと、健康面のチェックも抜かり無く行ってあげましょう

猫は、単独で生きていた野生の習性によって、自分の体調不良を周囲に隠しがちな傾向が見られます。

日常的に猫を見守り、いつもと違う様子が目に付けば病気の可能性を考えて病院に連れて行ったり、何らかの対策をとってあげるのが飼い主の義務というもの。

今回は、猫の健康に忍び寄る影のひとつ、寄生虫病の種類と対策方法について注目してみました。

 

  1. 犬だけの病気じゃない…猫のフィラリア症、寄生虫病の恐怖
    1. フィラリア症について
    2. ノミ・ダニについて
    3. その他の寄生虫病
  2. ブロードライン通販はフィラリア予防を考える飼い主さんにおすすめ!
    1. 猫の健康サポート・ブロードラインとは
    2. ブロードラインの使い方
    3. ブロードラインを使う時に注意するポイント
    4. あらかじめフィラリア検査を受けておこう
    5. フィラリア予防の時期に注意
  3. ブロードラインとフロートラインの違い
  4. ブロードラインは通販からもできる、便利なフィラリア予防
    1. ブロードラインの通販は海外から取り寄せる方法
    2. ブロードライン通販は合法の買い方
  5. 通販と病院、実際にブロードラインを買うとどうなる?メリット・デメリット比較
    1. 病院で買うデメリット
      1. 病院まで行く必要がある
      2. 医療費が高くなりやすい
    2. 病院で買うメリット
      1. 使い方を失敗する確率が低い
      2. 品質をある程度信用できる
    3. 通販で買うデメリット
      1. 届くまでに時間がかかる
      2. 基本的に自己責任
      3. 悪徳業者のリスクがある
    4. 通販で買うメリット
      1. 家にいても買える
      2. 病院より安い
      3. 通販ならではの特典がある
    5. 病院と通販でブロードラインを買った時の違い
      1. 移動の時間や手間に関する違い
      2. 薬の品質と責任についての違い
      3. 総合的な医療費の違い
  6. ブロードライン通販の使い方
    1. ブロードラインを見つける
    2. 購入する分をカートに確保
    3. 購入手続きを進める
    4. 代金を支払う
    5. 商品が届くのを待つ
  7. ブロードライン通販はペットにも飼い主にも有効に使えるもの

犬だけの病気じゃない…猫のフィラリア症、寄生虫病の恐怖

寄生虫病はその名の通り、体に寄生する虫が原因となってさまざまな症状を引き起こす病気です。

ひと口に寄生虫病といってもいくつも種類がありますが、中でも有名なのはフィラリア症やノミ・ダニではないでしょうか。

『フィラリア症といえば犬の病気』というイメージを強く持つ人は少なくないかもしれませんが、実はフィラリア症は猫にも感染する可能性があります。

これらの寄生虫がどのような経路を経て猫の体に寄生するのか、そして実際にどんな症状が現れるのか見てみましょう。

フィラリア症について

愛猫のイメージ寄生虫であるフィラリアが動物の体内に寄生する病気です。

フィラリア症の感染経路は、蚊によって作られています。

まず、フィラリア症に感染中の犬から蚊が血を吸い、その際に血液内にいるフィラリアの幼虫もいっしょに吸血していきます。

その蚊が健康な猫の血を吸う際に、蚊の体内に取り込まれたフィラリアの幼虫が、猫の体内へ移されます

こうして、フィラリアの幼虫が猫の体に侵入してしまうのです。

フィラリアの幼虫は血管を通って肺にたどり着き、体を成長させます。

フィラリアは、成長すると白く細長い糸のような形状になり、肺から心臓にすみかを移して数を増やしていきます。

フィラリア症が進行するにつれて呼吸困難・咳・吐き気・食欲減退などの症状が現れるようになります。

この病気は、感染したばかりの段階では体への変化がなかなか見られないため、フィラリア症の感染を早期発見するのは相当困難なことです。

しかし、このような症状がはっきりと確認できるようになった頃には、すでに体内の症状はだいぶ進行している可能性が高いです。

フィラリア症は、状態が進行すると突然死亡してもおかしくないほど危険性の高い病気です。

感染の可能性が少しでも見られたら、すぐに治療を受けるべきでしょう。

ですが、実は猫のフィラリア症の完全な治療法は未だに確立されていないといいます。

大きく成長したフィラリアは薬だけの力ではもう駆除できないため、手術などの大きな施術が必要になってきます。

また手術を受けたとしても、フィラリアが一度侵入した肺や心臓の傷は完治しません。

つまり、フィラリア症は感染してからの治療以上に、予防対策へ力を入れるべき病気なのです。

特に、感染経路である蚊が多くなる季節には予防を欠かせません。

ノミ・ダニについて

愛猫のイメージノミ・ダニはかなり多くの猫に見られている寄生虫病です。

ノミ・ダニは草むらや温暖な場所によく生息し、通りすがりの動物や人に飛びついて移動します。

猫が外出先から直接ノミ・ダニを連れて帰ることもあれば、人が持ち込んだノミ・ダニが猫の体にたどり着き、寄生するというケースもあります。

ノミやダニなどの小さな虫は、布団やカーペットなど、家の至るところに生息しています。

そして、ペットのあたたかい皮膚はノミ・ダニにとって生息や繁殖にちょうどいい条件の場所なのです。

ノミ・ダニは猫の血を吸って栄養を取り込み、驚異の繁殖速度でその数を増やしていきます

ノミ・ダニに吸血されたペットの皮膚はアレルギー反応を起こし、酷いかゆみや脱毛・痛みなどの症状を表すことになります。

猫は自分で体を掻くのを我慢できないので、なかなか異変に気づかず放置すると、患部がひどい炎症を起こすことも少なくありません。

ノミ・ダニは薬で駆除できますが、この病気は感染経路が日常に潜んでいるため、定期的に駆除対策を行うことが重要になるでしょう。

その他の寄生虫病

この他に猫によく見られる寄生虫病としては、おなかの中に寄生する虫の病気が挙げられます。

猫が外で寄生虫を口にして取り込んでしまうこともあれば、人間が外から寄生虫の卵を持ち帰ったりすることで、猫が寄生虫と接触してしまうこともあります。

また、おなかの虫はノミの体内に潜んでいることもあります

猫が毛づくろいの途中でノミを口にした際に、体内の虫の侵入を許してしまうというケースも少なくないようです。

感染した時の症状としては消化不良・下痢・元気がない・貧血などが現れるようになります。

おなかの虫の感染もさまざまな経路で持ち込まれ、感染の可能性が常に見られるので、定期的な駆除耐策をとる必要があります。

 

ブロードライン通販はフィラリア予防を考える飼い主さんにおすすめ!

通販を使う飼い主のイメージここまで説明してきたのは主にフィラリア症、ノミ・ダニ、おなかの寄生虫病の危険性とそれぞれの対策方法についてです。

このような寄生虫病から猫の体を守るためには、フィラリア予防と定期的な駆除を心がけることが1番効果的です。

動物病院でも、フィラリア予防やノミ・ダニ駆除についての呼びかけを一度は目にしたことがあるかと思います。

フィラリア予防、ノミ・ダニの駆除、そしておなかの虫の駆除を全て行うとすれば、3種類の予防と駆除を定期的にペットに受けさせなければいけません。

何度も予防と駆除を受けさせればペットの体に負担がかかったり、薬のための費用も想定外の価格になる可能性があるでしょう。

しかし、これも猫の健康を守るため…。

そう思って人知れず悩んでいる飼い主さんにぜひ知ってほしいのが、ブロードラインを使った予防&駆除です。

猫の健康サポート・ブロードラインとは

ブロードラインは、メリアル社で開発された猫用のお薬です。

主に予防薬、そして寄生虫の駆除薬としても使われます。

動物病院でもよく使用されている薬なので、実物を見たことがある人もいるかもしれません。

ブロードラインの効能には、次のようなものが挙げられます。

・フィラリア予防、フィラリアの幼虫の駆除

・ノミ・ダニの神経を麻痺させて駆除

・ノミ・ダニの卵や幼虫を妨げる

・おなかの中の虫の駆除

つまり、ブロードライン一種類があればフィラリア症・ノミやダニ・おなかの中の虫など複数の寄生虫病に効果を発揮するということです。

ブロードラインの使い方

ブロードラインはシリンジタイプの薬で、猫の体に直接塗るように作られています。

使うペースは1ヶ月に1回です。一度の使用でシリンジ1本を使い切るのが目安になっています。

ブロードラインを一度使うと、1ヶ月間は成分が体中を巡り、寄生虫病に対する予防や駆除の効能を保っていることになります。

そのため、次回以降のブロードラインの使用は、前回の使用からちょうど1ヶ月を過ぎた日に行うようメモしておいてください。

ブロードラインは、袋からシリンジ容器を取り出すところから始まります。

シリンジの中身をこぼさないように内筒を引いて蓋を開けます。

猫の背中の肩甲骨あたりの毛をかき分け、皮膚に直接触れるようゆっくりと薬液を塗り込みます。

この時、ちょうど猫が自分で舐められないような場所へ塗るようにしましょう。

ブロードラインを使う時に注意するポイント

ブロードラインを使えない対象

・妊娠中または授乳中の猫

・健康面に異常がある猫

・生後7週齢未満の子猫

・猫以外の動物

・高齢の猫、弱っている猫には慎重に使う

・すでにフィラリアに感染している猫

 

ブロードラインの使い方に関する注意

・猫の体重に合わせて、薬の分量を選ぶこと

・体重が7.5kgの猫に使う時は、組み合わせて量を調節する

・使った後はシャンプー、水遊びを最低2日間控える

・多頭飼いの場合、他のペットがブロードラインの薬液を舐めないように注意して見張っておく。あるいは、薬が乾くまで隔離しておく。

 

あらかじめフィラリア検査を受けておこう

愛猫のイメージブロードラインは、すでにフィラリア症に感染している猫に対しては使用できません。

すでに体内にフィラリアが寄生している状態でブロードラインを使うと、体内で急激にフィラリアが殺虫され、フィラリアの死骸が血管に詰まる危険性があります。

この現象によって歩行困難や呼吸困難、アナフィラキシーショックのような深刻な症状が引き起こされやすくなり、最悪の場合死亡することも考えられます。

フィラリアの成虫の治療に薬が使われないのは、このような危険性も見られるからです。

ペットがフィラリア検査をまだ受けていない場合、ブロードラインを使う先にフィラリア検査を受けるようにしましょう。

 

フィラリア予防の時期に注意

フィラリア症の感染経路を作り出しているのは蚊です。

そのため、フィラリア予防を受ける時には蚊の時期に注目してください。

蚊が増え始める頃から蚊がいなくなるまでは、予防を続けて受けるようにしましょう。

蚊の時期と照らし合わせて、目安としては4~12月に予防を受けるようにするといいといわれます。

ただし、日本国内でも地域の気候によって蚊の増える時期に違いが見られます。

住まいの地域に合わせて、予防するようにしてください。

 

ブロードラインとフロートラインの違い

今でこそ多くの愛猫家たちに信頼を寄せられているブロードラインですが、元々はフロントラインという薬が多く使用されていました。

フロントラインは、ノミ・マダニの駆除効果やその卵・幼虫を退ける効能を持っています。

ノミ・マダニ対策のための薬として使われるものだったのです。

そこにフィラリア症の予防、おなかの中の虫の駆除など、さらにいろんな効能を加えてグレードアップしたのがブロードラインです。

 

ブロードラインは通販からもできる、便利なフィラリア予防

通販を使う飼い主のイメージブロードラインによる予防と駆除の効果は、動物病院で体感することができます。

実は、動物病院以外にも通販でブロードラインを買うという選択肢があります。

ネットが当たり前になった現代では、通販の便利さや選びやすさを多くの人が理解し、実際に利用しています。

ブロードラインの通販も例外ではなく、多くの愛猫家に活用されているようです。

ブロードライン通販の仕組みやメリット面・デメリット面について紹介していきます。

 

ブロードラインの通販は海外から取り寄せる方法

ブロードラインの通販は、詳しくいえば一般的な通販ではなく、海外からブロードラインを取り寄せるという形で行われています。

これは個人輸入代行と呼ばれる購入方法です。

海外経由の通販ともいえるので、省略して『通販』と表記されることが多くあります。

元々は、海外の会社から直接商品を取り寄せて配送してもらう『個人輸入』が主流でしたが、個人輸入には難しい手順が多くありました。

それは、主に海外の会社への手続きに外国語を使わなければいけない点や、関税などの計算に手間を取られることなど、海外との取引だからこそ避けられない難題です。

このような難しさから、個人輸入は一部の人にしか利用できない購入方法として遠ざけられてきました。

その溝を埋めるために活躍しているのが、個人輸入の代行サイトです。

個人輸入代行サイトは、利用者の日本語の注文を請け負い、代わりに海外の会社へ伝えてくれます。

そしてその後、利用者は日本語の手続きだけで商品を手に入れることができるのです。

代行サイトでは、海外製の商品でも日本語の説明と値段表記で販売されています

そのため、外国語に馴染みのない国内の日本人にとってもわかりやすく、負担や手間をほとんど感じません。

まだ使ったことがない人でも、ブロードライン通販を機に便利な通販を体感してみてはいかがでしょうか?

ブロードライン通販は合法の買い方

ブロードライン通販の仕組みがなんとなくわかったところで、気になる人もいるのではないかという点について説明します。

それは、ブロードラインを海外から取り寄せて、法律的に問題はないのかという話です。

結論からいえば、ブロードラインの通販は日本でも合法として認められています

そのため、通販を利用したからといってすぐさま問題行為だとみなされることはありません。

ブロードラインを商品として取り扱う個人輸入代行は、財務省などからも法律的に認められているものです。

 

通販と病院、実際にブロードラインを買うとどうなる?メリット・デメリット比較

通販を使う飼い主のイメージブロードラインの通販は確かに合法で便利なのですが、やはり病院でブロードラインの処方を受ける方法がまだまだ一般的とされています。

通販で届くブロードラインと病院で処方を受けるブロードラインの見た目で、わかりやすい違いがあります。

それは、通販では海外製のパッケージで届けられ、病院では日本製のパッケージになっているという点です。

ただし、ブロードラインとしての成分内容や効能、使い方に違いはありません。

また、通販で買った場合と病院で買った場合、それぞれの購入方法で違うメリット・デメリットが見られるという点があります。

どちらの方法を選んだとしても、いくつかのメリットとデメリットは避けようがなく、必ず付いてくることになります。

飼い主さんにとって、そしてブロードラインを投与されるペットにとって、より良い購入方法はどっちなのでしょうか?

病院と通販、それぞれのメリットとデメリットを比較してみてみましょう。

病院で買うデメリット

病院まで行く必要がある

病院でブロードラインの処方を受ける場合、当然ですが病院までペットを連れて行くことになります。

これは、病院に行く時間をなかなかとれないという人にとっては難しいかもしれません。

また、病院に行くのを嫌がるペットは珍しくありません

病院にいくというだけで、ペットの体に大きなストレスがかかってしまうこともあります。

医療費が高くなりやすい

動物病院では人間の病院と違い、保険がほとんど効きません。

つまり、ブロードラインの代金や診察料、検査料などはほとんど自費出費ということになります。

ブロードラインは、1回分につきおよそ1,500円前後ほどの価格になっています。

基本的に病院では値引きやサービスもないので、今の医療費から急に安くなったりすることはないと考えていいでしょう。

病院で買うメリット

使い方を失敗する確率が低い

シリンジを使い慣れていない多くの飼い主さんからすると、慣れるまではブロードラインの使い方が難しいと感じる人も少なくないようです。

実際、病院では飼い主さんと獣医師の2人がかりでブロードラインを使っているケースが多く見られています。

自分でブロードラインを使いこなせる自信がない人は、病院で獣医さんにコツを教わりながらやるか、病院側にやってもらうようにした方が確実でしょう。

品質をある程度信用できる

まれに偽物の商品を売りつけられる危険のある通販に比べると、病院で販売されているブロードラインの品質は信頼性が高いといえるでしょう。

品質に問題のある商品を販売していると、全面的に病院側の責任になります。

そのため、信頼できる品質の商品を取り扱っている動物病院が多いと考えられます。

通販で買うデメリット

届くまでに時間がかかる

先に説明したとおり、ブロードラインの通販は海外から商品を配送してもらう方法です。

そのため、日本国内で行われる通販に比べると、どうしても配送日数が長くなりがちです。

長い時には、支払いが完了してから手元に届くまでに2週間ほどかかることもあります。

今すぐにブロードラインを使いたいという場合においては、あまりおすすめできないかもしれません。

基本的に自己責任

ブロードライン通販を利用する際には、いくつかの条件に従う必要があります。

条件の1つに含まれているのが『個人輸入で購入した商品は、自己責任で使用する』という点です。

つまり、もし通販で購入したブロードラインを使った後にペットの体に異変が見られたら、それを購入して使用した飼い主の責任ということになります。

また、海外製のブロードラインには日本語のパッケージや説明書は付いてきません。

ブロードラインの使い方がわからない際には、外国語のパッケージや説明書を翻訳するか、ネットなどで情報を集めたりする必要が出てきます。

悪徳業者のリスクがある

数ある通販サイトの中には、業者にとっての利益だけ考えて運営されている悪質なサイトが混じっていることもあります。

悪徳業者に引っかかると、正規商品のブロードラインを販売してもらえなかったり、料金だけ支払わされて終わったりするなどの被害に遭う可能性が高いです。

ペットにとっても飼い主にとっても危険なことなので、ブロードラインは正しく運営されている通販サイトから購入しましょう。

通販で買うメリット

家にいても買える

ネット環境さえ整っていれば、自分の好きなタイミングに好きな場所で注文手続きできる、というのが通販の強みです。

病院まで行く必要がないので、時間や手間を大幅に省くことができます。

病院が苦手なペットにも、移動のためのストレスをかける心配がありません。

病院より安い

通販では、病院で発生する診察料や検査料などの料金がありません。

かかるのはブロードラインの代金の他に、配送料と支払い手数料のみになっています。

実際に病院へ行った時よりも、少なめの医療費で済ませられることが多いです。

通販ならではの特典がある

通販サイトでは、ブロードラインの価格や配送料を通常よりも安く抑えて利用できます。

通販利用者なら、サイトをうまく活用できれば誰でもこのような特典を得ることが可能です。

病院では見られないような値引きも、通販の利用ならではです。

病院と通販でブロードラインを買った時の違い

ブロードラインを病院で買った場合、通販で買った場合のメリットとデメリットについて挙げました。

それぞれのメリット・デメリットから、特に大きく見られるいくつかの違いに注目します。

違いを見比べて、どちらの購入方法が自分のライフスタイルやペットに合っているかを判断するヒントにしてください。

移動の時間や手間に関する違い

病院で買う場合は、やはり病院までペットを連れて行くという時間と手間がかかることになります。

通販は、家にいながら自分の都合のいいタイミングで注文できるので、余計な時間や手間がほとんどありません

薬の品質と責任についての違い

病院の薬は、薬の安全性が認められている前提で取り扱われます。

そのため、病院側の責任のもとで安全な薬が販売されていることになります。

一方、通販ではまれに悪徳業者の運営するサイトも混じるというリスクが見られています

さらに、通販で販売される薬は自己責任での使用が基本です。

ペットの体に使う大切な薬なので、安全性には十分注意して購入した方がいいでしょう。

総合的な医療費の違い

病院では薬代の他にも診察料や検査料がかかり、買主側では合計金額をなかなか予想できません。

ですが通販なら、薬代・送料・支払い手数料だけで医療費を抑えられ、金額もこちらで把握できます

さらに、通販の使い方次第でもっと安く購入することも可能です。

 

ブロードライン通販の使い方

通販を使う飼い主のイメージブロードライン通販にはメリット面もデメリット面もありますが、必ずしも危険な購入方法というわけではないので、興味を持ったらぜひ使ってみてください。

海外からの通販なんてしたことがない…という人でも問題なく利用できるのが、ブロードライン通販の魅力の1つです。

ブロードラインの通販の使い方手順をまとめました。

ブロードラインを見つける

通販サイト内から、ブロードラインを探しましょう。

商品数が多くて見つけにくい場合は、キーワード検索やカテゴリー欄を使うと手早く見つけられます。

購入する分をカートに確保

目当てのブロードラインを見つけたら、今回購入する数を決めて『カートに入れる』ボタンで確保してください。

他に気になる商品がなければ、そのまま次の手続きに進みましょう。

購入手続きを進める

連絡先、支払い方法、配送希望先の住所など、必要な情報を入力して手続きを進めてください。

入力内容にミスがなければ、注文確定で手続きを完了させます。

代金を支払う

注文が確定したら、たいていはサイトから注文内容や支払い方法に関する連絡が届きます。

自分の選択した支払い方法の手順に合わせて、期限以内に代金の支払いを完了してください。

期限を超えると、注文が自動的にキャンセルされる可能性があります。

商品が届くのを待つ

支払いが完了したら、後はブロードラインが手元に届くのを待つだけです。

ただしすでに説明したように、ブロードライン通販には配送日数が長くなりやすいというデメリットがあります。

あらかじめ配送日数のことを理解した上で、届くのを待つようにしてください。

 

ブロードライン通販はペットにも飼い主にも有効に使えるもの

ブロードラインの画像猫の健康管理において重要な寄生虫の予防、そして駆除。

ブロードラインたった1種類があれば、フィラリア予防もノミ・ダニ・おなかの中の虫の駆除も同時に行えます

このような処方は動物病院で受けるのが基本ですが、ブロードラインは病院に限らず通販からでも購入できるようになっています。

ブロードライン通販は、通販ならではの機能がいくつも備わっており、愛猫家の中には病院よりも通販のほうが合っていると感じる人もいるかもしれません

便利でお得なブロードライン通販で、ペットにとっても飼い主にとっても有効な予防・駆除を目指してください。

ブロードラインの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました